外壁塗装を依頼する前に~初心者でも至福の時を味わえる~

素材を知る

作業員

自宅の外壁塗装を自分で行なう場合でも業者に依頼する場合であっても外壁の素材について理解しておかないと後から後悔してしまうこともあります。そこで、どんな種類素材があるのかをしっかり把握し、最適な外壁になるように工夫する必要があります。一般的によく利用されている素材としてモルタル外壁というものがありますが、これはセメントとモルタルと呼ばれるものを混ぜて造ったものです。塗料として利用できるのですが、劣化するとヒビが入ってしまうこともあります。モルタルには様々な種類があるので、それらの特徴を配慮して自宅にはどの外壁塗装をするべきか調べてみましょう。
ジョリパットと呼ばれるタイプの塗装材は表面がボコボコにはなっていないのですが、触るとガサガサする印象を受けます。そのため塗料をしっかりと吸収してくれるのです。また、吹付けタイルと呼ばれるものがありますが、これはジョリパットと同じように表面がボコボコにはなっていません。しかし、触るとその違いを実感できます。具体的にどのような違いがあるのかというと触るとツルツルになっており、塗料も少ない量でキレイに塗ることができます。また作業はローラーを利用して行なうこともできるため楽なのです。
これとは別にリシンと呼ばれるタイプの外壁材があります。これは表面がかなり洗い目になっており、砂のような感触があります。そのため塗料は多く利用することになりますが、このような質感に拘る人であれば、最適なのです。またサイディングボードと呼ばれるタイプの外壁材もありますが、このタイプはボードの繋ぎ目が特徴的です。また塗装をするときには、様々な準備が必要になるので、手っ取り早く行いたい場合には業者に依頼することが基本だと言われています。トタンも外壁として有名なのです。トタンは外壁の中でも劣化しやすい素材として利用されていますが、手軽な料金で購入できるので、錆びても良い場所に利用するようにしましょう。このように外壁塗装といってもどの種類の外壁材を利用するかによって全く仕上がりは異なるので覚えておきましょう。

塗料の種類

作業員

外壁塗装に利用される塗料は様々な種類がありますが、一般的に利用されるものは4つです。この塗料が違うことでどんな影響があるのか塗装を業者に依頼する前にしっかり把握しておきましょう。

» 詳しく見る

優良業者を見つける

作業員

外壁塗料を業者に依頼するのであれば、優良業者に施工してもらう方が良いのです。そのためにもどんな部分を見て優良業者かどうか判断することができるようになるために学んでおきましょう。

» 詳しく見る

長く使う

作業員

外壁を長く使いたいのであれば外壁塗装業者にただ依頼するのではなく、外壁などについて細かくチェックしておくことが大切なのです。そのためにも基本的な外壁に関する情報を提供します。

» 詳しく見る